ロゴ

訪問歯科は歯の治療以外にも受けられるサービスがある!

>トピックス>自宅で治療が受けられる訪問歯科を活用しよう!

自宅で治療が受けられる訪問歯科を活用しよう!

医師

訪問歯科を利用できる人

病気や体が不自由なことにより、歯科医院へ通うことができない方は訪問歯科を利用することができます。また、高齢者や認知症を患った方でも利用することができるサービスとなっています。歯や口内の状態に合わせた治療を集中して行うことができるので、常に口内をきれいに保つことができます。

歯型

電話で簡単申し込み

電話にて簡単に申し込みをすることができるので、来てほしい日時を伝えて歯科検診をしてもらいましょう。歯科検診をしたあとは、今後の治療内容や期間をスタッフとともに相談していきます。

訪問治療が必要な症状リスト

  • 歯茎から出血がある
  • 味覚を感じない
  • 食事の際にむせる
  • 口臭がきつい
  • 声が出しにくくなった

歯のトラブルは早めに改善しよう

上記のような症状の他にも、口内に気になる症状がある方はすぐに訪問歯科で診察してもらいましょう。症状をそのまま放置してしまうと、抜歯が必要になったり歯周病などの病気になってしまう可能性があります。

訪問歯科で受けられるサービス

女性

歯の治療

治療に必要な器具を持ち込み、歯の治療を行っていきます。定期的な歯科検診や虫歯などの治療を自宅で受けることができます。

口腔ケア

毎日のブラッシングで行き届かない場所の掃除や、口内環境を清潔に保つための粘膜清掃を行います。この口腔ケアを行うことで、誤嚥性肺炎などの病気を防ぐことができます。

口腔リハビリ

口周りの筋力をつけるためにトレーニングをしていきます。定期的に筋力トレーニングをすることで、口周りの筋肉を活性化させることができ、嚥下障害などを未然に防ぐことができるのです。

利用の目的を明確にする

通常の歯医者で行う治療と異なる特徴を持つ訪問歯科の違いを把握し、自分やご家族に合った治療方法を選択していきましょう。

往診と訪問歯科の違い

訪問歯科

往診とは違い、訪問治療は歯の状態に合わせて定期的に診療することを目的としたものになります。その他にも、口内環境の改善や病気の予防も目的としています。

往診

往診の場合は、「急に歯が痛み出したので今すぐに来てほしい。」などの急な依頼の際に行う治療のことを言います。